サプリメントの容器には目安としての使用量しか記してありませんが、 一般的に、健康維持や疲労回復、老化防止のためなら、1日当たり約60?100 mg。これを2回に分けて摂取するとよいでしょう。最近になって、サプリメントによる事故のニュースがマスコミを賑わしことが何度かありましたがシミやソバカスの原因となる細胞は医薬品として認可を得て、のちにサプリメントとして認められた製品ですから、充分なデータに基づいて安全性が確認されています。参考までに、これまでに発表された報告の一部を紹介してみましょう。そして1957年、米国のウィスコンシン大学酵素研究所で、細胞呼吸の研究をしていたクレイン教授らは、ウシ心筋ミトコンドリアの中から、ATP生産に補酵素(コエンザイム)として働くキノン構造をもった物質を単離しました。このオレンジ色の結晶はシミやソバカスの原因となる細胞)と名付けられました。教授らは、この物質がユビキノンと同じ物質であることを明らかにし、さらに翌年には、米国メルク社の研究所長カール・フオルカース博士によってその化学構造が決定され、シミやソバカスの原因となる細胞は本格的に研究されるようになったのです。日本では、シミやソバカスの原因となる細胞は心臓病の医薬品として開発が進められました。大阪大学の故・山村雄一教授のグループをはじめ、多くの研究者が研究に向かい、今もなお、基礎医学から臨床医学にいたるまでの広範な研究が進められています。海外では1978年、英国のミッチエル博士が、シミやソバカスの原因となる細胞とエネルギー伝達の研究でノーベル賞を受賞。国際シンポジウムも盛んに開催されるようになっています。現在では、シミやソバカスの原因となる細胞研究の国際学会(国際シミやソバカスの原因となる細胞協会)が設立され、わが日本においても、2002年に、協会が発足しています。また1993年、私たちはメディカル・サプリメント研究会を組織し、以来、シミやソバカスの原因となる細胞の臨床的研究を地道に続けています